日本人✖️オーガニック

2019年11月23日

現代日本人の多くは身の回りのものは出来るだけ良いものに囲まれて暮らしたいという願望を持ってる方が多いと思います

食品は安全で美味しくて、家具は見た目も良く、衣類は肌触りが良くなど…

ある程度生活に余裕が出てくれば尚更の事だとは思いますが、実は現代の若者たちは大量生産大量消費の時代を生きていないので質素倹約が身についておりオーガニックに対する欲求も多くの若者が持っているものだと感じてます

その中で我々が出来る事があると気付きました

室内環境の向上に努める事です

ようやく買ったマイホームでシックハウス症候群になったという話は今でもありますし、まず被害をうけるのは子供や老人なのです

そこでたどり着いた一つの答えがドイツ製壁紙オガファーザーの生地仕上げです

1工程減るので初期投資を抑えるメリットもあります

本来塗装で仕上げる壁紙なので将来汚れたりしてからリボス社製の専用塗料で塗り替えとなります

オーガニックの高い仕切りを少しでも低めて多くの方々に安全な住環境を提供したいと思いこの工法を考えました

生地で仕上げるには高い技術が求められますので我々職人集団は日々研究、努力をしているところです